広告

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩のロケ地

14才の母のロケ地

14才の母

2006年10月11日から12月20日まで、毎週水曜日の22:00~22:54 日本テレビ系列で放送

出演: 志田未来, 田中美佐子, 生瀬勝久, 山口紗弥加, 河本準一


脚本:井上由美子


主題歌
Mr.Children「しるし」


平均視聴率18.55%


一言

・このドラマは10代前半の女の子の性をテーマにしたドラマで、視聴者から数多くの賛否の意見が放送局に寄せられた。・脚本の井上由美子は「ギフト」、、「GOOD LUCK!!」、「エンジン」など木村拓哉主演のドラマの脚本を数多く手がけていて、06年度に向田邦子賞も受賞している人気脚本家である。・10代前半のトップ子役として、志田未来のキャリアを象徴する作品になると思う。




ロケ地情報


・一ノ瀬未希が桐野智志に好きと言った高台の公園
多摩市連光寺 都立桜ヶ丘公園「ゆうひの丘」

多摩市北東部の高台にある公園です。駅からは遠く徒歩では少し遠いですが、最寄り駅は桜ヶ丘駅で、徒歩では20分以上はかかります。


・一ノ瀬未希が通う学校
恵泉女学園大学(多摩市南野)

多摩市南部にある女子大です。廃校になった都立南野の裏手にあり、最寄り駅の唐木田駅からは徒歩で20分以上はかかります。また、隣にある一本杉公園では、毎夏、高校野球の予選が行われています。


・一ノ瀬未希がバスに乗って渡った橋
長池公園 (八王子市別所)

新興住宅地にある人工的な公園です。八王子市の南東部にあり、すぐ多摩市に位置します。堀の内駅が最寄り駅ですが、やはり、徒歩だと20分以上かかる場所にあります。


・一ノ瀬未来が腹痛で倒れた場所
稲城市向陽台四丁目

稲城市の新興住宅街にあります。近くにスーパー三和やファミリーレストランがあり、坂を登ると大きな中央図書館があります。

多摩のロケ地多摩のロケ地多摩のロケ地


多摩のロケ地多摩のロケ地


多摩のロケ地多摩のロケ地


多摩のロケ地多摩のロケ地

スポンサーサイト

多摩のロケ地

恋人よのロケ地

恋人よ

1995年10月19日から12月21日まで、フジテレビ系列で放映


出演

鈴木保奈美 
岸谷五朗
鈴木京香
長瀬智也 
櫻井淳子 
水野美紀
夏八木勲
佐藤浩市 


平均視聴率は15.2%

原作・脚本 野沢尚

主題歌

『TO LOVE YOU MORE』
セリーヌ・ディオン with クライズラー&カンパニー



ロケ地情報

・2人の私書箱があった郵便局 (多摩市郵便局)

最寄り駅は多摩センター駅で、駅から徒歩5分程度です。

・鈴木保奈美たちが住む町の駅前 (南大沢駅)

南大沢は東京都八王子市南西部に位置する街で、南大沢駅も多摩センター駅の2つとなりの駅になります。
車でも5~10分程度の距離にあります。



一言

野沢尚は90年代の中・後期を代表する脚本家・小説家です。この後も豊川悦司主演の「青い鳥」や木村拓哉主演の「眠れる森」など、ミステリアスな大人のドラマの原作、脚本を手がけています。視聴者の中心は20代以上の大人がメインと思います。また、このドラマは91年の大ヒット・ドラマ「東京ラブストーリー」で、人気が爆発した鈴木保奈美の主演ドラマで、90年代初期から中期の主演女優の代表的存在だったことが再認識できます。




多摩のロケ地

多摩のロケ地

多摩のロケ地

未成年のロケ地

未成年

1995年10月~12月にTBS系列で放送

出演:
いしだ壱成 香取慎吾 反町隆史 河相我聞 北原雅樹 朝岡実嶺 浜崎あゆみ 遠野凪子 桜井幸子


脚本/野島伸司
プロデュース/伊藤一尋

視聴率
16.9%~23.2%
平均視聴率…20.0%

オープニング曲
『Top of the World』 / カーペンターズ

エンディング曲
『I Need To Be In Love』 / カーペンターズ
『Desperado』 / カーペンターズ
『Yesterday Once More』 / カーペンターズ


ロケ地情報

・スーツを着た反町隆史がバスに乗ろうとした場所
・最寄り駅は京王桜ヶ丘駅で、駅から徒歩10分前後の川沿いの場所です。
・稲城、川崎方面、府中方面への中間地点で、車の往来が激しい場所です。


(一言)

90年代に一世風靡した野島脚本ドラマの代表作の一つです。この頃のいしだ壱成は若手俳優のトップランナーの一人で、キャリアのピークでした。この作品の数年後も、同じ野島脚本ドラマの「聖者の行進」も大ヒットさせています。その後も、音楽活動に力を入れつつも、主演ドラマを次々と発表しますが、薬物問題でキャリアを棒に振ってしまいます。
wikiの情報によると、このドラマで、いしだ壱成が屋上から叫ぶシーンから、バラエティー番組「学校へ行こう!」の人気コーナーである「未成年の主張」が誕生したそうです。



多摩のロケ地

多摩のロケ地

多摩のロケ地

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。